「多文化共生社会の総合政策研究」第1回公開研究会 報告

開催日:2019年12月14日(土)13:00~15:30

場所:中央大学多摩キャンパス11号館11410教室

研究会概要:共通テーマ「多文化共生に関する公共・地域の取り組み」の下、以下3名にご講演いただいた。その後行った全体討論では多くの質問が出され、活発な議論が行われた(各講演のタイトルをクリックすると、各資料が表示されます)。

講演者1:平嶋彰英氏(立教大学特任教授、元総務省自治行政局国際室長、総合政策フォーラム顧問)

 報告1:「日本の地域社会の多様化と多文化共生施策の展開について」

講演者2:稲原浩氏(総務省自治行政局国際室長・参事官(国際担当))

 報告2:「外国人材の受入れと地域における多文化共生の現状等」

講演者3:上坊勝則氏(自治体国際化協会 事務局長)

 報告3:「一般財団法人自治体国際化協会 多文化共生部の取組について」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA