「多文化共生社会の総合政策研究」プロジェクト 分科会2 「多文化共生の人文学的基礎」活動報告

【日  時】2020年12月5日(土) 第1部:13:00~15:00 第2部:15:10~16:50
【場  所】オンライン

第1部:「アメリカの連邦議会襲撃事件を受けての考察」
【分  類】「社会的事象についての議論」


【話題提供】椎橋一樹 山内勇人


【参加者】仁科薫 石綿寛 金恩愛 椎橋一樹 森田聡 山内勇人


【内  容】
米国における1月6日の連邦議会襲撃の内容を椎橋が資料で共有すると共に、山内さんが
議論の論点を提供した。その上で、米国で何が行われているかについてそれぞれ情報交換
を行った。その上で、この事件への諸外国の対応の違いや、その背景にある国際関係につ
いて考察した。中にはミャンマーのクーデターの話などの話題も上がり、それぞれの見地
から社会的事情についての議論を行った。更には、これらの事情について私たちの日常生
活に置き換えた時、どのような意味を持つのか、議論を重ねた。

第2部:「今日における育児期の社会的ネットワーク構築支援の課題について」
【分  類】「研究報告」

【報告者】仁科薫

【参加者】石綿寛 金恩愛 椎橋一樹 仁科薫 森田聡 山内勇人 横山彰

【内  容】
 育児期の親と子の社会的ネットワークの現状、そしてネットワーク構築のための支援が
内包する課題について報告を行った。それに対して、父親の役割や父親に対する支援など
、報告者の議論では掘り下げられていない部分や、報告者の考える望ましい状態や先行研
究、強調したい論点などについての提示の仕方について指摘がなされ、活発な対話が行わ
れた。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA